HOME  |  製作の流れ  |  のぼり旗通販サイト  |  飲食店向きのぼり旗  |  不動産  |
   安全・防犯  |  町おこしのぼり旗は設置  |  トラブル  |
   のぼり旗を注文する種類|  よく見かけるのぼり旗仕様  |  既成品  |  求人  |  エンターテインメントのぼり旗  | 
  レジャー施設ののぼり旗  |  設置の理由  |  京都のれんで製作  |  高校生のデザイン案  |  感染拡大を防ぐ
ミニサイズののぼり  |  古民家の再生に  |  ラーメン屋での活用  |  サイトマップ

のぼり旗のこと トップイメージ

種類

のぼりイラストのぼり旗を注文する際に既製品タイプの物を購入する事もありますが、
おおよそはオリジナルのデザインの物を注文する事が多いです。

 

同じ

のぼり旗と言っても
旗の大きさや布のタイプ、
屋外用や通気性の良い物から
防炎タイプまで、機能面も
多くの種類があります。

 

使用する場所や用途を考えて注文する事で、安全に利用して周囲への宣伝効果が期待できます。
のぼり旗を特に屋外で使用する場合には、旗の生地に注目してみると良いでしょう。


使用する生地の種類や印刷方法を誤ると、何が書かれているのか遠くからでは不明瞭になる場合もあります。

 

ポントロ

天候に左右されやすい屋外では、軽い生地で風にもよくなびいて
目に止まりやすいようなテトロンポンジという一般的な生地を
使用してみると良いでしょう。

印刷方法もスクリーン印刷でインクの浸透率で
比較的はっきりした仕上がりになります。

 

また、やみくもに大きいのぼり旗にしても風の強度で転倒の恐れもあります。

固定するちぎれの数や旗の形等も踏まえて最適なサイズを選ぶ事で最大の広告力を発揮します。

このように、のぼり旗はシンプルなようで以外と製作の幅は広いため
まずは用途や目的を、製作の前にはっきりと決めておくことで
よりイメージに近いものを製作することができます。

  • トップ
  • のぼり旗の印刷の知識
  • 対応の善し悪し
  • 効果的に宣伝
  • のぼり旗アピールしやすい
  • 事故防止のぼり旗
  • 地域を賑やかに
  • ミスに注意のぼり旗
  • オリジナルデザイン
  • 作りたい内容
  • 簡易的にのぼり旗の注文
  • 募集中のぼり
  • 取り扱い内容
  • 娯楽の場
  • のぼり旗の取り付け方
  • のぼり製作ならここ
  • 伊東市とのぼり
  • 安心感をのぼり旗でアピール
  • 店内で活用
  • 目に留まるデザインののぼり旗
  • 商品の特徴を伝える
  • ご利用案内
  • Copyright© nobori-seisaku All Rights Reserved.