HOME  |  製作の流れ  |  のぼり旗通販サイト  |  飲食店向きのぼり旗  |  不動産  |
   安全・防犯  |  町おこしのぼり旗は設置  |  トラブル  |
   のぼり旗を注文する種類|  よく見かけるのぼり旗仕様  |  既成品  |  求人  |  エンターテインメントのぼり旗  | 
  レジャー施設ののぼり旗  |  設置の理由  |  京都のれんで製作  |  高校生のデザイン案  |  感染拡大を防ぐ
ミニサイズののぼり  |  古民家の再生に  |  ラーメン屋での活用  |  天然素材でのぼりの製作  |  サイトマップ

のぼり旗のこと トップイメージ

綿生地

のぼりイラストのぼり旗の素材と言えば、価格とプリントのしやすさ、また表現の幅広さからも
ポンジー素材を選ぶ人が大半です。

しかし、場合によってはポンジー生地では物足りなく感じる人もいるでしょう。
そんなのぼり旗は、天然素材の綿生地や麻生地でも製作が可能です。


綿生地は一番なじみがある生地です。柔らかくて優しい感じがします。

天然素材の代表格で、肌に優しいイメージもあります。
ナチュラルな雰囲気を醸し出してもくれる、温かみのある素材です。 綿素材

最近はオーガニックコットンも人気があります。
オーガニックはコットンだけでなく、食品やコスメなどでも多く登場しています。
その基準は非常に厳しいものですが、その分赤ちゃんの洋服などに使っても安心感があります。

のぼり旗に綿生地が選ばれる理由としては、天然素材であることから
上質感が演出できることがまず挙げられます。

のぼり旗を使いたい、けれど安っぽく見られない方が良い、
そして費用に余裕がある、かつ屋内で使う。

そういった方には綿生地による製作も選択肢の一つです。

イメージにより近いのぼり旗を作るための参考にしましょう。

麻生地

麻生地はしゃり感があります。柔らかいラミー糸で織られた生地は
コットンよりも涼しく、柔らかく感じられます。

麻生地も、その質感から根強い人気があります。 麻素材
しわになることを嫌う人も多いですが、それでもやはり麻にしか無い質感が人気の理由です。

しわが生み出すこなれ感や、長く使うほどに出てくる味のある質感。
麻ならではの色味。 麻素材には、麻にしか出せない雰囲気があります。
それはやはり他の素材からは生み出されないものでもあります。

日本では特に夏に使われることの多い麻ですが、
海外、特にヨーロッパでは年中を通して使われています。
冬の素材と麻の組み合わせ。
近頃では冬だからウール、夏だから麻ということも無くなってきました。
自由な発想で素材感を楽しみたいものです。

また麻素材は昔から高級とされていますが
最近では割と安価で手に入れることができるようになりました。

のぼり旗の生地としてはまず使われることがない麻素材ですが、
差別化を図る一つの方法として活用を考えてみるのは
良いかもしれません。

また、こういった天然素材を使う場合、コストがどうしてもかかってしまうため
注文前にしっかり吟味すると良いでしょう。

  • トップ
  • のぼり旗の印刷の知識
  • 対応の善し悪し
  • 効果的に宣伝
  • のぼり旗アピールしやすい
  • 事故防止のぼり旗
  • 地域を賑やかに
  • ミスに注意のぼり旗
  • オリジナルデザイン
  • 作りたい内容
  • 簡易的にのぼり旗の注文
  • 募集中のぼり
  • 取り扱い内容
  • 娯楽の場
  • のぼり旗の取り付け方
  • のぼり製作ならここ
  • 伊東市とのぼり
  • 安心感をのぼり旗でアピール
  • 店内で活用
  • 目に留まるデザインののぼり旗
  • 商品の特徴を伝える
  • 綿生地や麻生地でのぼりを作る
  • ご利用案内
  • Copyright© nobori-seisaku All Rights Reserved.