HOME  |  製作の流れ  |  のぼり旗通販サイト  |  飲食店向きのぼり旗  |  不動産  |
   安全・防犯  |  町おこしのぼり旗は設置  |  トラブル  |
   のぼり旗を注文する種類|  よく見かけるのぼり旗仕様  |  既成品  |  求人  |  エンターテインメントのぼり旗  | 
  レジャー施設ののぼり旗  |  設置の理由  |  京都のれんで製作  |  高校生のデザイン案  |  感染拡大を防ぐ
ミニサイズののぼり  |  古民家の再生に  |  ラーメン屋での活用  |  サイトマップ

のぼり旗のこと トップイメージ

製作の流れ

のぼりイラストのぼり旗の印刷における流れには、その納期の短さと
料金の安さの理由があります。

 

まずデータ入稿を行ってから、レイアウトデータの加工作業を行います。
のぼり旗の宣伝効果を高めるための色合い調整を行い、
大判プリンターで転写紙に印刷する作業を行います。

 

短期限定

のぼり旗のサイズに応じてインキの量を加減しながら
プリントしたあとに乾燥作業を行います。
その後、使用する布と合わせて熱処理を施すことによって、
布に転写紙に印刷したインキを転写して
のぼり旗の完成する流れとなります。

従来の染め上げる手作業と比べると、非常に効率良く行えることによって
短い納期と安い料金を実現しています。

 

 

のぼり旗の需要においては、短いサイクルでの
デザイン変更を必要とする風潮があることにより、
このような納期の短さと手軽な料金は
重宝されるものとなります。

デザイン変更

さらにデザインデータも数多くのテンプレートが用意されていることにより、
入稿するデータ作成も手軽に行えるようになっています。

また、一度作られたデータは一定期間内で保存されているところが
ほとんどですので、2回目以降の注文は更に安くなったり
面倒なやりとりが必要なくなるといったメリットもありますので
あらかじめ確認しておきましょう。

 

  • トップ
  • のぼり旗の印刷の知識
  • 対応の善し悪し
  • 効果的に宣伝
  • のぼり旗アピールしやすい
  • 事故防止のぼり旗
  • 地域を賑やかに
  • ミスに注意のぼり旗
  • オリジナルデザイン
  • 作りたい内容
  • 簡易的にのぼり旗の注文
  • 募集中のぼり
  • 取り扱い内容
  • 娯楽の場
  • のぼり旗の取り付け方
  • のぼり製作ならここ
  • 伊東市とのぼり
  • 安心感をのぼり旗でアピール
  • 店内で活用
  • 目に留まるデザインののぼり旗
  • 商品の特徴を伝える
  • ご利用案内
  • Copyright© nobori-seisaku All Rights Reserved.